パートナーとして

ありがたいことに社会福祉協議会の方に学習の準備の段階から一緒にどのように学習していくかを考えていただき、協力をえて今日の時間を持つことができました。子ども達はアイマスク体験を通して、感じ、知り、同じ仲間としてどのようにサポートすればよいのか学び、考え、やってみて、そしてまた感じて、考えて…。
今日はJAひぬいさんの全面的な協力もあり、アイマスクをつけての買い物体験もさせていただきました。レジでお店の方が「キッチンペーパー、204円です。おつりは…」と一つ一つ言葉にして丁寧に手を添えて伝えてくださいました。その一コマがとてもあたたかい空気に包まれていて印象に残っています。
「気もちを聞く」「どうしたいのかたずねる」
相手が自己実現できたとき、サポーター(パートナー)として「うれしいな」。そんなことを感じられる時間になったのではないかと思っています。

2017/10/11